2014年6月26日木曜日

梅の手仕事



JR総武線 下総中山駅 徒歩6分の小さなアロマサロン

アロマの手仕事のブログです。


そろそろ6月も終わりですが・・・

今年も梅仕事をしましたので、記録。


親が毎年、庭の梅の木から収穫した梅で、

梅干や梅酒を漬けている姿を見て育ったため、

なんとなくそういう季節の手仕事が体に染み付いているような気がします。


今年は3キロ購入して、梅シロップと梅酒、梅ジャムを作りました。

梅ジャムは、本来、梅シロップを作った後の梅で作ればいいのですが、

今回はお世話になっている方へのプレゼントに、普通に梅から作ってみました。


プレゼント用に梅とキウイのジャムを作ったのですが、

一口味見をして、「うまっー!」っと、叫んでしまうほど、おいしく出来ました。

オススメの食べ方を書いた手紙を添えて送り出しました。


左が梅、右がキウイ
















ジャムは色々な果物でよく作ります。

ヨーグルトやアイス、カッテージチーズに乗せたり、ケーキに入れて焼いたり、

ヨーグルトスカッシュにしたりと色々楽しめます。

ジャムは、小分けして冷凍しておけば、私記録1年程度は保存できます。


カッテージチーズは、牛乳を火にかけてレモン汁で分離させて作るのでもいいのですが、

私は面倒なので、

プレーンヨーグルトを冷蔵庫の中で一晩ザルに入れて水分を分離して、

なんちゃってカッテージチーズを作ります。

味はそんなに変わりません(多分)。


分離した水分(乳清)は、栄養分があってもったいないので、

サイダーで割って飲みます。


一度、この乳清で化粧水を作ったことがあるのですが、

香りがちょっと・・・で使うことができず、お風呂に入れてしまいました。


スカッシュは、ジャム大さじ2杯、ヨーグルト50CC、炭酸水100CCくらいの

割合で作ります。

スカッシュは、夏には本当にお勧めの飲み物ですので、

皆さんも是非やってみてくださいね~。




















あとは普通に梅シロップを作り、梅酒を作りました。


梅酒は、ホワイトリカーを買って来たつもりが、

なぜか間違えてブランデーを買ってきてしまったらしく、

ブランデーの梅酒になりました。

出来上がるまで1年なので、じっくり待ちます。


梅シロップは、シロップと梅を分けて、

シロップは火にかけ殺菌、梅は砂糖を足してジャムにしました。


でも、正直、

梅から作ったジャム > 梅シロップの副産物から作ったジャム、

ですね〜。
















これにて、今年の梅仕事は完了です。

おつかれさまでした!







0 件のコメント:

コメントを投稿