2015年3月31日火曜日

ハリとコリ、ストレッチ


JR 総武線 下総中山駅 徒歩6分の小さなアロマサロン


アロマの手仕事のブログです。



先日は、ストレッチの必要性について書きました。

今日はもう少し踏み込んで書いてみたいと思います。


皆さんは、ハリとコリの違いにはお気づきでしょうか。


筋肉は縮みたがり屋さんなので、

意図的にほぐしたり伸ばしたりしてあげなくてはいけない

ということは既に前回述べたとおりです。


かといって、凝っているところをやみくもにマッサージで解したり、

ストレッチをかけて伸ばせばいいというわけではありません。


前回書きましたとおり、


縮んでいる筋肉があるということは、同時に伸びている筋肉があるのです。

皆さんが「痛い」「凝っている」と感じている場所、

それは『筋肉が伸びている場所(=ハリ)』です。


でも、真の痛みの原因は『縮んでいる場所(=コリ)』です。

いくらマッサージで凝っている場所をほぐしてもらっても、

真の痛みの原因にアプローチしなければ、同じことの繰り返しになります。



マッサージでもストレッチでも、

既に伸びている筋肉をそれ以上伸ばしてしまっては

そこがますます張って、結果的に痛みが出現します(いわゆる、もみかえし)。





真の痛みの原因は 自分ではなかなか気づくことが出来ません。

私自身も、先生に指摘されほぐされるまで気づきませんでした。


私が今 通っている整体スクールでは、

真の痛みの原因を 簡単な動作テストや、持っている知識を総動員して突き止めます。


目指すのは『オーダーメイド施術』です。

そんなアロマ整体セラピストを目指して今日もコツコツと勉強しています。




2015年3月25日水曜日

ストレッチの処方



JR 総武線 下総中山駅 徒歩6分の小さなアロマサロン
アロマの手仕事のブログです。





最近、ストレッチにはまっています。

ストレッチをしながら今、どこの筋肉が伸びているのか感じるのを楽しんでいます。

慣れてくるとにゅん、と伸びるのも感じられます。


いつも私のために熱心に働いてくれて、

呼びかければ応えてくれる。

筋肉って、かわいいやつなのです。


多くの人にとってはストレッチは手段なのだと思いますが、

私にとっては目的のうちの一つです。


今日はストレッチの必要性について書いてみたいと思います。





人には日常生活でよくする動作にプラスして体の使い方の癖があり、

これが『伸びてばかりの筋肉』と、『縮んでばかりの筋肉』を作り出してしまいます。


筋肉は骨に付着していますから、

筋肉が縮めば骨もそちらへひっぱられ、いわゆる『歪み』となります。


歪んだままで体を使っていると、

本来、より多くの筋肉ですべき動作を少ない筋肉で行うことになります。

するとその少ない筋肉に負担がかかり、痛みが生じます。


だからこそ、

『縮んでばかりの筋肉』は解したり、ストレッチをかけたりして、

伸ばしてあげなくてはいけません。


筋肉は自分で伸びることが出来ないので、私たちが意図的に伸ばしてあげる必要があります。

「なに言ってるの、伸ばせは伸びるじゃん」、と思うかもしれませんが、

それは伸ばそうとしている筋肉とセットになっている別の筋肉(拮抗筋といいます)が

縮むことによって、結果として目的の筋肉が伸びているのです。

脳から筋肉に下される命令は「縮め!」だけなのです。


つまり、何が言いたいかといいますと、

人の動作は筋肉が縮むことによって成り立っていて、

常に筋肉は縮みたがり屋さんだということです。


これはもう、意図的に伸ばすしか方法がありません。





私は目指しているものが2つあります。

それは、その人の困り感を解消するための『オーダーメイド施術』と、

その施術後の状態を出来るだけ保てるようにするための『ストレッチの処方』です。


私は、自分の過去の経験から

慢性疲労、腰痛、肩こり等の筋肉の痛みから解放されたら、

人はもっと人に優しくなれると思っています。

そんな社会になることを願って勉強や仕事をしています。


2015年3月3日火曜日

アロマのくせに整体


JR 総武線 下総中山駅 徒歩6分の小さなアロマサロン

アロマの手仕事のブログです。


たまにはセラピストらしいことを書いてみます。


私は今、電車で往復3時間半ほどかけて整体を習いに行っています。

整体と言うと骨をボキボキするやつだと思われるかもしれませんが、違います。

私たちが触るのは筋肉です。

骨を支えているのは筋肉です。

骨を支えている筋肉のコリ(コリがあることで筋肉が短くなっている)を

ほぐしてもとの長さに戻してあげなければ、

いくら骨を調整してもすぐに元の位置に戻ってしまいます。

というわけで、筋肉のコリを取り、

筋肉から来るあらゆる体の不調を解決するための勉強しています。




私は今まで、アロマの施術で「結果」を出したいと思って色々と勉強して来ました。

「結果を出す」というのは、筋肉の痛みに対する「根本的な解決策を提示する」ことです。

勉強しているうちに、腰痛の原因は腰にはない、

肩こりの原因は肩にはないことに気がつきました。

誰かが教えてくれたわけではなく、

本に書いてあったわけでもありませんが、

トライ&エラーを繰り返し、体の構造と使い方を考えたときに、

そういう仮説を立ててみるとしっくり来たのです。




今通っている整体スクールとは、

あるセミナーに出席したのがきっかけで出会いました。

どんなセミナーだったのかはまたの機会に書きたいと思いますが、

そのスクールは前述の私の仮説を裏付けてくれました。

その時、私が求めている施術がここにあると確信し、「ここで整体を学びたい」と思ったのです。




私が目指しているのは、筋肉の痛みに対する「根本的な解決策を提示」し、

更にはセルフケアを指導できるセラピストです(もちろん、アロマも取り入れて)。

そこを目指している理由は、私がセラピストを志したきっかけや過去の体験と関連しています。

その話はまたそのうち書ければいいなと思います。


あ。ちなみに、腰の痛みは主に足から来ています。

肩こりの原因は複雑で一概には言えませんが・・・肩そのものではありません。











写真は・・・先日ねこのてさんの「ロザフィ講座」に参加して作ったペンダントトップです!

大好きなブルーとワインレッドで作りました(一番上のやつが私)。

色使いにはその人自身が投影されてるのでしょうね。

興味深いです。


生徒さんが五人いて、私が一番地味でした・・・。










そういえば、昨年の夏にパワーストーンでチョーカーを作る講座に

参加したときも私が一番地味でした。。