2015年3月31日火曜日

ハリとコリ、ストレッチ


JR 総武線 下総中山駅 徒歩6分の小さなアロマサロン


アロマの手仕事のブログです。



先日は、ストレッチの必要性について書きました。

今日はもう少し踏み込んで書いてみたいと思います。


皆さんは、ハリとコリの違いにはお気づきでしょうか。


筋肉は縮みたがり屋さんなので、

意図的にほぐしたり伸ばしたりしてあげなくてはいけない

ということは既に前回述べたとおりです。


かといって、凝っているところをやみくもにマッサージで解したり、

ストレッチをかけて伸ばせばいいというわけではありません。


前回書きましたとおり、


縮んでいる筋肉があるということは、同時に伸びている筋肉があるのです。

皆さんが「痛い」「凝っている」と感じている場所、

それは『筋肉が伸びている場所(=ハリ)』です。


でも、真の痛みの原因は『縮んでいる場所(=コリ)』です。

いくらマッサージで凝っている場所をほぐしてもらっても、

真の痛みの原因にアプローチしなければ、同じことの繰り返しになります。



マッサージでもストレッチでも、

既に伸びている筋肉をそれ以上伸ばしてしまっては

そこがますます張って、結果的に痛みが出現します(いわゆる、もみかえし)。





真の痛みの原因は 自分ではなかなか気づくことが出来ません。

私自身も、先生に指摘されほぐされるまで気づきませんでした。


私が今 通っている整体スクールでは、

真の痛みの原因を 簡単な動作テストや、持っている知識を総動員して突き止めます。


目指すのは『オーダーメイド施術』です。

そんなアロマ整体セラピストを目指して今日もコツコツと勉強しています。




0 件のコメント:

コメントを投稿